子ごころ園 大和町の取組

保育者全員に幼児小児救急救護法の国際カードの取得と家庭的保育専門研修のほかに定期的な研修を義務づけています。
保育士1名につき、子ども2〜3名までを専任保育するため、ひとりひとりの子どもの表情や行動に目を配り、日々の発育、発達、成長をつぶさに観察し、心身の健康状態を含め、保育時の子どもの様子を適宜詳細に保護者に報告します。
保護者と子どもとの関係性を重視し、日々の保育においては保護者の教育方針やしつけと矛盾が生じないよう配慮して子どもの心身の健康促進に重点をおきます。