engage

家庭的保育サービス事業(自治体からの委託による運営)

待機児童対策として、地域の保育ニーズに合わせた安全・安心な『家庭的保育』『小規模保育』の運営を自治体の委託により実施しています。
子育て家庭の流動にあわせた柔軟な保育の受け皿を機動的に設置し、運営します。

家庭的保育事業についてのお問い合わせは、
03-3352-1717(日本チャイルドマインダー協会事務局)まで
受付時間:平日 午前9時30分〜午後6時まで

グループ型家庭的保育とは

従来型との比較

従来の「チャイルドマインダーがマンツーマンで預かる」仕組みから、「当協会が小グループを指揮する」仕組みを付加する

グループ型チャイルドマインダーで待機児童解消に貢献

小規模保育事業(家庭的保育者2人〜6名のグループ)

制度設計の策定から、保育開始後の巡回指導、現任・フォローアップ研修までを委託で
実施しています。

グループ型チャイルドマインダーを拡充していく社会的メリット:待機児童解消・認可保育所設置よりも格段に安いコスト・チャイルドマインダー(家庭的保育者)の専門研修を修了した多くの人材が活用できる

家庭的保育事業

専門研修を修了した人材を家庭福祉委員に紹介しています。紹介後も継続して、現任研修、フォローアップ研修、巡回指導を行い、自治体担当部署への報告を行っています。

こんなところが魅力の家庭的保育
魅力その1 家庭的な温もりのある愛情溢れる保育
魅力その2 ひとりひとりの子どもに手厚く、きめ細やかな保育
魅力その3 子どもの発達に合わせた初期教育を織り込んだ知育保育
魅力その4 子どもと保育者間、保育者と保護者間に密接な関係を築きやすい
魅力その5 適切な生活リズムや兄弟関係に近い仲間関係などを経験することにより、集団生活への移行がスムーズになる
魅力その6 集団保育で感染しやすい病気や感染症にかかりにくい
魅力その7 同じ保育者が責任をもって担当。
魅力その8 子どもが落ち着いて日々の生活を過ごすことができる
魅力その9 親の価値観を尊重し、子育ての分担を担ってくれる